ブロックチェーンのセンター化除去技術と人工智能の結合を通し
RealChain は情報の公開、公正、透明を保証でき、全過程の信頼性を実現できる

市場&産業

ベイン・アンド・カンパニーとイタリアラグジュアリー製品協会が発表した最新報告によれば、2016年世界のラグジュアリーの消費額が2490億ユーロに達すると見込まれ、そのうち中国系の消費者が占める割合が32%と、世界一の消費者グループとなることが予想される。また、ユーロモニター・インターナショナルの最新の市場調査資料によれば、2016年、世界の宝石・ジュエリーの販売総額が3160億ドルに達し、芸術品の競売総額が124.5億ドルに達しているという。そのうち、競売市場における中国人顧客の消費額が48億ドルと、世界一のシェアを占めていることが分かる。更に、ラグジュアリー中古品取引市場も膨大な販売規模を誇り、統計によれば、その販売額は新品取引の20%を超えるという。 現在、ラグジュアリー取引の主な問題点として、不透明性がよく指摘されている。特に情報公開にあやふやなところが多いことが問題視される。また、その流通過程を見れば、次の三つの問題が挙げられる。1)取引に詐欺に遭わされるリスクが非常に高いこと;2)情報の不透明なこと;3)鑑定評価の効率が低く、コストが高いこと。

RealChainはどのように運営するか

中核サーバーを構築し、データのクラウド化を実現するという従来のやり方では、インフラ設備の建設と維持に膨大なコストがかかってしまう。それに対し、RealChainは鑑定機構と鑑定士にモバイル端末を提供し、それぞれを独立な節点としてネットワークに取り込むことで、接続のためのコストを大幅に減らすことに成功した。また、「淘當鋪」の参入がRealChainにとって生まれつきの優位性を持たせてきたと言える。また、連携機構に違法操作や詐欺行為が認められた場合、即座にRealChainネットワークから排除されることになる。

RealChainのサービスでラグジュアリー取引が次のように改善される:
(1) 鑑定士と依頼者の間に、信頼構築のためのコミュニケーションが不要になる;
(2) 低コスト;
(3) 流動的で透明性の高いラグジュアリー市場をの実現;

「淘當鋪」データベースおよびその協力機構とデータ通信を行うほか、RealChainはこのような点在式鑑定生態システムを全世界に展開していく。つまり、RealChain基金会が認定した鑑定機構は、自分のデータベースをRealChainデータベースに接続し、情報提供のかわりに利用者が支払ったRCTトークンを受け取ることができる。この場合、情報漏洩や改ざんの心配も不要になる。RealChainはその第一段階で、各種のラグジュアリー分野で活躍する鑑定機構と連携し、より多くのデータ提供者の参入を実現する予定である。

我々の優位性

ラグジュアリー真偽鑑定のデータにおける優位性

「淘當鋪」は世界中で数百名の鑑定士を有しており、それぞれの鑑定士が鑑定した品物は、ビデオ・画像・文字の形で「淘當鋪」の内部用データベースに登録するようになっている。長年の蓄積で、現在20万件を超える各種ラグジュアリーの鑑定資料がデータベースに保存されている。その内容として、真偽資料や新品、中古品流通資料、取引価格の変動資料等が含まれる。

インテリジェント画像識別技術

鑑定・価値査定・評価結果への分析、これはいわば「淘當鋪」業務の三つ柱である。更に、ブロックチェーン技術とインテリジェント画像識別技術を導入し、主観的な判断による錯誤と道徳上のリスクの低減に役立つだけでなく、取引の透明性の向上やコストの削減、業務効率の向上にも資するだろうと信じている。

幅広いビジネス応用

今後、「淘當鋪」はその業務の必須な一環と生態システム構築のための一番の環境作りとして、そのグローバル業務におけるRealChain製品の大規模な応用を進めていく。そして、RealChainシステムそのものも、一旦成熟の段階に達したら、RCT激励効果や「淘當鋪」の産業形態の影響の下で、そのネットワークが更なる影響力を持つようになると見込まれる。その時、更に他のパートナーとの協力が望まれ、より多くのプラットフォームや場面に応用されるだろう。このような幅広いビジネス上の応用は、必ずRealChainを市場トップのブロックチェーン製品に発展させると考えられる。

脱信頼性構築の鑑定サービス

RealChainは、ブロックチェーンの導入を通して、信頼性の問題を鑑定過程から完全に排除することに実現した。つまり、ほかの参加者との信頼性構築が不要になり、また、単一障害点の問題もなくなるわけである。また、鑑定機構とインテリジェント画像識別技術の協力は鑑定の精密度を大幅に引き上げる。更に、RealChainは、ラグジュアリーの真偽という消費者が一番関心を持つ問題を解決する。次の段階では、RealChain金融機構も加入し、リスク低減に役立つサービスを提供いていく。

データ・マスキング

ラグジュアリーの消費者は、特にプライベート情報・個人情報の安全性を重要視している。現在、第三者の信頼を必要とするう中心化したデータ集成は、ユーザーの権限授与抜きにそのデータを収集・分析するようになっている。それに対し、RealChainのユーザーは、14の権限を自分の判断に基づいてシステムに授与・授与しないことを選択できる。

グローバルブロックチェーン生態系を構築

RealChainはこのような点在式鑑定生態システムを全世界に展開していく。つまり、RealChain基金会が認定した鑑定機構は、自分のデータベースをRealChainデータベースに接続し、情報提供のかわりに利用者が支払ったRCTトークンを受け取ることができる。この場合、情報漏洩や改ざんの心配も不要になる。RealChainはその第一段階で、各種のラグジュアリー分野で活躍する鑑定機構と連携し、より多くのデータ提供者の参入を実現する予定である。

沿革

Realchain チーム設立、白書場ジョン1.0発表
2017年12月
RealChain基金会が「インテリジェント契約」1.0を打ち出す予定
2018年3月
RealChainが合法機構とのデータ通信を開放する予定
2018年11月
2018年1月
RCTトークンの発行、仮想通貨取引所に上場
2018年6-7月
淘當鋪APPがRealChainとデータ通信を行う予定