TokenSkyブロックチェーン大会兼TOKEN製品設備展示会は韓国ソールで開催され、Real Chainファンド会が展示招請された
2018-03-15 10:30:20

期待しているTOKENSKYブロックチェーン大会は今日にようやくソールグランドヒルトンホテスにて盛大に開催した。会議では世界各地からのブロックチェーン上下流企業の従業員と愛好者が集まって来た。韓国時間の8時に受付には既に多くのブロックチェーン愛好者が並んでいて、メイン会場では始めた時点からも素晴らしいアイディアが絶えずに出て来た。アジア太平洋会場及びスターショーも人気が高く、ゲストが交流と参加し、情熱な雰囲気となっていた。

2018TokenSkyブロックチェーン大会は今まで最も専門的なTOKEN経済とブロッックチェーン業界大会であり、世界各国よりトップの経済学家、教授学者、金融家、法律専門家、投資家、各種ファンド、達人、業界リーダー、埠頭農民、鉱山作業者、サービス社、マスコミ、及びTOKEN愛好者をソールまで集め、ブロックチェーン世界に臨む各種問題を共同に語り合った。 2017年、ブロックチェーンは飛躍的なスピードで飛び込み、資本に推されて新しい年の業界「風口」と立たされた。2018年、伝統的なインターネット会社或は金融機関人員は次々にこの業界に入った。アメリカ企業データサービス会社Crunchbase News社の最新データ集計によると、2017年、ブロックチェーン分野での公開投資事例は40件を超え、融資総額が9億ドルに達した。2018年から現在まで、ブロックチェーン会社に基づくベンチャー資本は既に去年総額の40%を超えた。このような狂っているような成長スピードは業界の発展傾向を充分に説明できる。

北京時間16:00、RealChainブロックチェーン人工智能ハードウェア——「火眼」初の発表会は正式に開催した。RealChainファンド会戦略提携総監Carl Wuはスピーチを行い、会場では空いた席すらなかった。 会議では、Carl Wuは現在の消費市場における鑑定生態と消費欠点について分析した。RealChainは鑑定の壁を取り壊し、消費品市場の根本的な欠点を解除することに取り組み、世界初のブロックチェーン人工智能ハードウェア——火眼(FireEyes)智能検査器を開発し、消費者に「何でも見抜ける火の目」を届ける。今回の発表会で「火眼」が発表されたことは、我々が鑑識の生態建設において大事な一歩を踏出したことを意味している。
火眼(FireEyes)検査器は消費品鑑定生態の最先端にあり、機能上では、スペクトル技術、智能ハードウェア技術とブロックチェーン技術を上乗せ、量子ドット材料に基づいて開発した低原価、小型化のスペクトルセンター、ラボに束縛されるような大型機械ではなく、大量鑑定な場面に適用し、速くて無傷な検査を実現できる。「火眼」智能ハードウェアは応用分野を絶えずに拡大し、酒以外、母子用品類のミルク、クリームなど、食品、薬品、飲料水など他の生活分野にも広げていく。

ここでは、RealChainとしては、同業者と興味のある皆さんに、ぜひわれわれRealChainにお入りください。天下には偽物無しということを一緒に作りましょう。