知るからこそ、理解できる

RealChainについての9つ問題

RealChainはなぜ重要なのか?

現在、世界中で偽物作りの技術が日に日に更新していく一方、ラグジュアリーや宝石・ジュエリー、芸術品に関する消費者の知識が不足のままである。これらの状況で、偽物の製造と販売が大量に現れるようになった。完成度の高い偽物は、そのコストが本物のわずか1割に相当する。例えば、1万ドルの価格が付けられたエルメスの革製のバッグの場合、完成度の高い偽物のコストは1000ドルを超えるものもある。偽物の製造技術はコストの増加に伴って更に精巧になり、経験不足な消費者にとって大きな罠となっている。

RealChain はブロックチェーンに基づくアプリケーションなのか?

RealChainは新型なブロックチェーン協定に基づき、ラグジュアリー取引及びその金融サービスのために開発、設計、最適化してきたものである。その構成として、ブロックチェーンに基づいた「バーチャル機器」、チェーン外部から操作するための中層ソフトウェアスタックモジュール、そしてネットワークに実在する契約管理所が管理する脱中心プロセスなどが含まれる。

RealChainのブロックチェーンは主に何に利用されているか?

RealChainのブロックチェーン技術は取引の過程、鑑定と価格査定の過程、資金繰りの過程をすべて点在式な記録として各節点に保存することができる。それによって、ビジネスチェーンにおける各個体が情報の受発信において公平かつ公開的な扱いをうけられる。また、下流機構や二次取引の関係者が随時に情報を検索することにも役立つ。
そして、RealChainのインテリジェント画像識別システムは、鑑定士や価格査定の専門家の手間を大幅に省け、ねつ造のコストを引き上げ、人的ミスや道徳リスクの低減にもつながる一方、鑑定評価の効率の向上にも役立つだろう。

RealChainの運営の仕方とは?

RealChainは、いわば「淘當鋪」のシステムにラグジュアリー抵当、中古品取引、消費金融といった機能を新たに加えたものだと言える。次に「淘當鋪」ラグジュアリー中古品取引の18のモジュールがRealChainと接続した後の業務プロセスを紹介する。 ラグジュアリーの売買過程において、「淘當鋪」は仲介役を果たしている。商品の情報をRealChainネットワークにアップデートし、インテリジェント画像識別システムで品物の分類を行う。この過程において、すべての画像とビデオが暗号化されて、中核サーバに保存される。ファイルのSHA256情報に関しては、RCの各節点に保存され、更に RealChainネットワークに対しRCTを支払うことになる。 買い手も売り手も、RealChainシステムを通して商品の情報を検索することができる。検索にはRCTの支払いが必要となり、またアップデートの場合は、認証済みの機構のみ権限を持つことになる。データのアップデートにもRCTの支払いが必要とされる一方、検索で引っかかって閲覧されたファイルのアップデート主は、RCT奨励金をもらえる仕組みである。
「淘當鋪」ラグジュアリー取引プラットフォームは、RealChainシステムに接続した後、ブロックチェーンに基づいて、大量なラグジュアリー情報を発信し、その他の鑑定機構の鑑定基準として役立ち、「淘當鋪」鑑定士の職業道徳違反のリスクも削減できる。取引の双方にとっても、そのすべての行動がブロックチェーンのプラットフォームにアップデートされることになり、これによって取引の安全性が大幅に向上すると考えられる。更に、一度売買された中古品は、そのあと二度、三度流通するときも、かつての流通履歴が簡単に調べられるから、買い手の判断や他の連携機構の鑑定と価格査定にも役立つだろう。

RealChainはラグジュアリーの中古品取引市場でどのように機能するのか?

借款を希望する顧客は、仲介と鑑定機構としての「淘當鋪」を通じて、ほかの金融機構或いは個人に対し、中古品ラグジュアリーや宝石などを抵当につけて、抵当貸付を申請することができる。このプロセスにおいては、RealChainシステムとのデータ通信を通して、効率の向上とコストの削減を実現できる。
· 淘當鋪」は借入人の抵当品情報をRealChainに登録された同じ物品と照合し、RealChainでの今までの取引データと鑑定結果に基づいて、物の真偽性と流通性を確認する。
· また、借入人はRealChainの今までの取引データと鑑定記録に基づいて、「淘當鋪」が出した鑑定評価報告を確認することができる。これによって、抵当品の価格査定や真偽性判断に対する借入人の異議が減少することになる。
· 金融機構は「淘當鋪」が出した報告について、同じようにRealChainブロックチェーンに基づくプラットフォームで検索し、その評価報告のリスク水準を確認することができる。これによって、貸し倒れの比率が低減され、不良債権の処理能力も向上してくる。

RealChainは将来的に、上流・下流企業とそのような連携計画があるか?

今後、RealChainはより多くの会社と機構と連携することになる。商品の情報に関しては、20箇所以上の権威的な認証を必要とするため、他機構との連携はRealChain基金会の許可を経てから、RCとのデータ通信が許されるわけである。
これから協力関係を結ぶ予定の機構として、ブランド品メーカーや連携メーカーの指定機構、オークション経営者、ラグジュアリー取引仲介機構、宝石・芸術品の研究機構などがあり、連携が決まった場合は鑑定士か価格査定の専門家も一緒に加わることが求められる。また、各機構が情報をアップデートする場合も、その担当者の任命はRealChain基金会の承認を得る必要がある。
一般個人や承認を得ていない機構はRealChainの一般向けアプリケーションの情報検索機能のみ利用することができる。個人が所有する商品の情報をRealChainにアップデートしようとする場合、承認済みの機構を通してアップデートすることができる。RealChainのAPPは最寄りの認証済みの連携機構の住所と連絡先を提供する。

RealChainのインテリジェント画像識別技術はどのように機能するか?

顔識別技術と比べれば、RealChainの画像識別システムは技術面でより簡潔化しており、効率もだいぶ向上したと言える。顔識別の場合、似通う所があまりにも多いため、よりたくさんの採取ポイントを設置し、真偽を判断しなければならないが、一回500箇所以上のデータを取るのが一般的になっている。それに対し、正確・不正確を判定する個体サンプルが少なく、学習空間も狭くて、一回で判断する難易度が極めて高い。
それに対し、 RealChainの画像識別システムは、固定した画像の正確性判定根拠を持ち、個体サンプルも豊かである。その理由として、鞄も腕時計も販売量が多いからである。そのため、理論上の判定正確率は顔識別システムを上回ることになる。
しかし、RealChainにも難しいところがあるが、それはつまり正しい物品の資料サンプルを得ることである。資料サンプルの数が多ければ多いほど、正確性も高まる。判定の結果として、新品か中古品か、バージョン間の微妙な差異、場合に応じての使用状況などがある。
そこで、「淘當鋪」のデータベースの導入がこの点において大いに役立つ。2013年から自らのデータベースの構築を始めた「淘當鋪」は、鑑定した商品について、新品・中古品、本物・偽物を問わずに、それを画像または動画として記録しておくようにしてきた。今まで蓄積してきたファイル件数が20万件を超えている。これらのデータはRealChainの画像識別システムの学習とテストのために、非常に充実な資料として役立つことになる。
インテリジェント画像識別システムを導入することで、RealChain利用の難易度を大幅に下げられ、それによってRealChainがより迅速にラグジュアリー消費関連の各業界に応用できるようになる。

RealChain のブロックチェーンは独自の暗号化通貨を打ち出すか?

打ち出す予定である。RCFund基金会はRealChainブロックチェーンに基づく新型な暗号化通貨を打ち出す予定である。それをRealChainトークン、つまり「RCT」と呼ぶ。RCTはRealChainで通貨として機能し、インテリジェント契約モジュールのためにサポートを提供していく。また、流通性の高い通貨として開発されていくRCTは、より多くのアプリケーションに応用されていくだろう。また、上流・下流パートナーにも使用され、生態システムの参加者の激励として機能していく。

「淘當鋪」、RCFund基金、RealChian及びRCTの関係とはどのようなものか?

「淘當鋪」は3億ドルの企業価値を有すインターネットあ企業であり、年間取引額が6.5億に達している。また、初期的な生態システムとして、RCFund基金会が開発したブロックチェーンソリューションズを現存のアプリケーションに応用する。RealChainはこれらのソリューションズを支えるブロックチェーン協定であり、そのトークンとしてのRCTはこの生態システムで、取引の促進と参加者激励のための仮想通貨として機能する。